2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の7件の記事

2009年9月28日 (月)

9月議会終了

今日でいよいよ最終日。
総選挙に続いての議会準備で、結構ハードでした。

今回の議会は、通常の議案に加え、決算認定も加えて審議された(決算の部分は「老健特別会計」以外は反対)。

今回は一般質問で取り上げた「がん検診」については、答弁では各病院で「個別検診」が受けられる可能性が出てきて、手ごたえがありました。

2009年9月27日 (日)

市長タウンミーティング 開始

今年度のタウンミーティングは、今日の「上郷自治会館」を皮切りにスタート。
こちらの自治会館にお邪魔するのは初めて。
去年は地元の上今泉コミセンしか行けなかったので、近所の会場は全て行くつもり。
市民が市政をどう感じているか?何を求めているか、具体的な声をリアルに聞けるのは、議員としても有意義です。

19時開始で、市長からの市政報告、その後質疑。今回は市民3名ほどの質問で、50分ほどで終了。

2009年9月25日 (金)

「基地対策特別委員会」開催

厚木基地の爆音被害対策を主なテーマとする特別委員会に今年度は所属しています。
今日は毎年発行している「基地対策概要」の平成20年度版が出来たので、担当課からの報告とそれを受けての論議。

海老名市では、空母艦載機による騒音の問題(特に夜間に人口密集地で強行される「NLP」は大問題だ)が深刻だ。
一刻も早く、危険な原子力空母(艦隊)もそれに乗っかってる艦載機も、独立国たるわが日本から出て行ってもらうしかありません。

また現在、厚木基地には海自の哨戒機(プロペラ機)が多数配備されていますが、同時に今後PXという名でジェット機に置き換えるべく開発とテストが行われています。
将来他の基地から哨戒機が移駐してくる予定になっており、機数増とともにジェット化による騒音被害の拡大が危惧されます。
特別委員会では、市として把握している情報と、対応について質しました。
説明によると、ジェット化で一機あたりの騒音は一定静かになるとのことでした。
しかしながら、機数増によりトータルでの騒音被害が大きくなることも考えられます。
今後、この問題も注視していきます(ちょうど僕のアパートの真上がP3Cの飛行ルートになってます。。。)

2009年9月19日 (土)

(趣味)ラグビー・トライネーションズ

毎年、南半球の3強が競うシリーズで、あと1ゲームを残すところとなりました。

今年は南アフリカがずば抜けて強く、ニュージーランド(=「オールブラックス」)が不調、そしていつも贔屓にしてるオーストラリアが全然勝てない(南アとの最終戦はなぜか勝った様です。見逃した~)。

やはりスポーツの世界も、政治の世界も、拮抗した勢力が競い合い、高め合うことが大事です。

そうそう、先日、次の次、ラグビーW杯の日本開催が正式決定しました!!そんなの無理だろうと思っていたけど、まさか、うれしい誤算でした。

その流れの一環として、来月末にNZとオーストラリアのテストマッチが国立競技場で行われます!生で観に行きたいんだけど、お財布が(めちゃくちゃ高い)。。。

2009年9月17日 (木)

経済建設常任委員会、「平成20年度決算審査」

今日は9時から17時前まで審議。

今回も客観データ・数値を意識して準備しました。

(1)「企業立地促進事業」2318万

・「企業立地条例」に基づく立地奨励金の支給を中小零細企業に限るべき、と主張。

(2)「廃棄物減量化事業費」341万

・「生ごみ処理機」購入費一部補助の実績台数が、残念ながら年々減少している点を質問。

(3)「コミュニティバス運行事業費」6331万

・「大谷南部ルート」の現状認識と、今後の展望を質問。

(4)「公共下水道使用料」17.5億

・年度途中(10月)から、平均8.2%の下水道料金の値上げが行われた。料金体制の累進性を十分確保し、大口排出企業にも応分の負担を求めるべき、と質す。

審査を終えた最後の採決で「一般会計(所管部分)」と「下水道特別会計」、両方とも反対しました(賛成多数により、両決算は認定)。

2009年9月11日 (金)

決算審議に向けて

火曜日から各常任委員会(私は木曜の「経済建設常任委」)の平成20年度決算審査が控えています。

他市の決算審査は多くが12月議会で行われている様ですが、海老名は4年に一度市議&市長選挙が11月にあるので、改選のある年は選挙前にけじめを付けようということなのか9月議会に設定されています(毎年)。

これは実は議会・市当局・市民にとっていいことで、毎年秋から始まる次年度の予算編成に、昨年度の決算で明らかになった様々なポイントを反映させることができます。

実際、私は昨年所属していた「文教社会常任委員会」の決算審査で、(主に高校生対象の)奨学金の金額が少な過ぎるとしつこく(苦笑)指摘したところ、早速教育部が対応してくれて、平成19年度まで年額9万円以内だったのが、翌平成20年度からは12万円の定額に引き上げられました。

参照:http://ebina-sasaki.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8d79.html

木・金曜に一般質問を終えて翌週に決算審査なので、期間的に準備が厳しいですが、よりよい市政につなげるべく、もうひと踏ん張りします。

2009年9月 5日 (土)

電気自動車見学会

今日は「総務常任委員会」。委員ではないが、いつもの様に勉強のため傍聴。

休憩時間が長めに取られて、市役所西側の催事広場での10時からの見学会に議員皆で出かける(市長も)。

三菱とスバル、2種類の電気自動車に試乗。

なぜか?(笑)助手席に森下議員を乗せて運転。

「プリウス」の様に、エンジンがかかっていても音・振動がないので少々戸惑い、セルを回してしまう(←お約束の対応?何人か同じことしてた(苦笑))。

加速やスピード、パワーは、普通のクルマとまったく同じ。

両方とも軽自動車をベースにしているので、車の重心が高く、少々思い切りよくハンドルを切るとフラッとしてしまうが、これは車格上、やむをえないだろう(車重は1トンもある)。

問題は価格。両車とも400万円後半してしまうので、量産効果が出てくるまでは高値の花ですね。。。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »