2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日は文教社会常任委員会 | トップページ | 一般質問、終了 »

2010年12月10日 (金)

衆議院の議員会館へ。国に予算交渉。

日本共産党神奈川県委員会の一員として、国政予算要望に出向きました。
ちょうど10年ぐらい前に行った時と違い、建て替えられたばかりのピカピカの建物。空港の様な作り&匂いでした。さすがにセキュリティもしっかり。

各省庁に、事前に渡しておいた要望書に対する回答を聞き、やりとりするという流れ。
以下、私の発言と回答、内心コメントです。

「厚生労働省」
●神奈川県内では、市としては海老名市が初めて小6までの医療費を無料にし、他の自治体に広がった。自治体独自に子ども医療費無料化をした場合に行われる、国のペナルティ(国保の交付金減額)は即刻やめるべき。
→この点では多くの意見をうかがっているので、今後十分検討していきます。
(~おお、ホントか!たのんますよ)
●今回の補正予算で決まった「子宮頸がん」「ヒブ」「肺炎球菌」ワクチン接種への国の助成は有意義なことだが、2011年度までの措置なのは問題。定期接種化も含めて、2012年度以降も引き続き国がしっかり財政負担をするべき。 
→(担当者臨席してないので、)要望を担当課にしっかり伝えます。(~おねがいしますね)

【文部科学省】
●先日打ち出された8年間かけての小中30人学級化は、大きな前進。「政策コンテスト」でB判定にされているなどの困難はあるが、ぜひ頑張って。日本共産党としては今年8月に、6年間で30人学級にする提言をしている。教育の課題は待ったなし。8年でなく、もっと早く少人数学級化を図るべき。 
→財政面での制約があるので、ご理解いただきたい。
(~教育は優先すべき)

他に、農水省と防衛省・外務省で夕方までみっちり。
省庁ごとに官僚さんの雰囲気違ってて興味深かったです。
初めての参加でしたが、ちょうど月曜日の一般質問で取り上げる課題中心に、市民や自治体の要望伝えられたし、大変いい経験にもなりました。

« 今日は文教社会常任委員会 | トップページ | 一般質問、終了 »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122045/38058546

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院の議員会館へ。国に予算交渉。:

« 今日は文教社会常任委員会 | トップページ | 一般質問、終了 »