2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の3件の記事

2016年3月16日 (水)

明日、いや今日いよいよ一般質問

16(水)の3番目、10時半以降です。
http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1455668243286/index.html

※同会派の松 本 正 幸市議は、同日の夕方です(1 介護保険制度 2 子ども・青年に対する施策 3 公共施設のあり方)

演壇上での最初の質問は以下の通りの予定。
この内容でまず総括的に質問し、あとは自席で、制限時間内で再質問。


【1】国民健康保険制度について

(1)国保税を引き下げるべきと考えるが、見解を伺う
 現在、海老名市における国民健康保険税は、加入世帯所得の1割を大きく超えています。
 具体的に述べれば、リタイアした夫婦2人で子どもがいない、所得200万の年金暮らし世帯の場合は年間で24万5千円、率にして12%、現役世代を想定した夫婦・子ども2人の4人家族で、所得300万円の世帯で年間39万円、これも所得の13%を占めている程の水準です。
 これら高すぎる国保税負担により、現状でも、家計に多大な負担を強いられ生活に大きな影響を与えられたり、国保税を払いたくても払えず、やむを得ず滞納し、必要な医療を受けられない世帯が多くあります。
 消費増税が予定通り来年4月に強行された場合、国保加入世帯はより深刻な影響を受けることは明らかです。
 このたび、国より、国保制度運営への支援の拡充として、保険者である全国の自治体に合計1700億円の「国保保険基盤安定負担金」が配分され、当市においては1億9千万円が歳入として確保されます。
 この財源を活用して、その目的である国保税の制度軽減に加え、国保税そのものの引き下げを早急に図るべきと考えますが、市の所見を伺います。


【2】市立図書館について

(1)<雑誌類の扱いに対する認識を伺う>
 まず1点目として、中央図書館における「逐次刊行物」いわゆる雑誌類の扱いに関する認識を伺います。
 同図書館において、図書館の蔵書として置かれる所蔵雑誌の種類が、昨年10月のリニューアルオープン後、それまでより大幅に減少しました。何種類から何種類となったか、伺います。
 また、図書館運営における、逐次刊行物の意義、および具体的な扱いに対する、市としての基本的な認識を伺います。

(2)<安全対策上の認識と対応を伺う>
 次に2点目として、中央図書館の安全対策上の課題について伺います。
 同図書館のリニューアル後、蔵書の書棚が高くなったこと、3階などで通路が狭い箇所があり、主要な通路となる階段も急で、手摺が片側にしか無い箇所が複数見受けられるなど、建物の構造や設備が、従来から大幅に変更されました。
 これらの点などにより、利用者の日常の使用時や、とりわけ災害発生時における安全確保の面での危険性を危惧しているところですが、同図書館における安全確保に関する、市としての認識と対応を伺います。


【3】障がい者施策について
(1)「障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)」に対する対応について伺う
(2)行政におけるバリアフリー化の推進について伺う

 本年4月より、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」いわゆる「障害者差別解消法」が施行されます。
 市として、同法の趣旨をどう捉え、具体的に対応する考えか、見解を伺います。
 また、来年度予算案において、「市道海老名駅大谷線」ほか1路線バリアフリー歩道整備として、歩道への視覚障がい者誘導ブロック、いわゆる点字ブロックの設置が盛り込まれています。
 私も、昨年の議会一般質問において、同区間への設置を提案・要望しましたが、今回の設置の目的および効果についてどう考えているか、認識を伺います。

22339

2016年3月14日 (月)

無題

1457931544741.jpg

2016年3月 3日 (木)

一般質問 日にち・内容決まりました

http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1455668243286/index.html

3月16日(水)の、午前中3人目なので、早くて10時半以降です。

1 国民健康保険制度について
2 市立図書館について
3 障がい者施策について


同会派の松 本 正 幸市議は、同日の夕方です。
1 介護保険制度について
2 子ども・青年に対する施策について
3 公共施設のあり方について

« 2015年11月 | トップページ | 2016年4月 »