2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の3件の記事

2017年3月19日 (日)

今日は地域活動と議会準備

きょう午前は、地元自治会でメンバーになっている美化委員会活動で、地域の草取り清掃作業。
国道246の歩道の草刈りと雑草の草取りだが、萱が思ったより大量で、ゴミ袋たくさん発生。
首都圏の幹線であるR246だけあって交通量が多いうえに、上り坂で排気ガスも多く難儀しました。

その後あいさつ兼ねて寄ったご近所さんから、地域の課題を伝えられたので、さっそく現地に向かいました。

午後いっぱい、来週の議会で行われる、来年度予算に関する、各常任委員会審査の準備。
1期目以来、久々の文教社会常任委員会での予算審査ということと、もう一つ、経済建設常任委員会の分もあるので、準備することはかなりあります。当日取り上げる施策は大体決めていたので、具体的な内容の準備に取り組みました。

夕方から、午前の作業の影響からか、腕と指、腹筋が筋肉痛に。
その日のうちにそうなるということは、まだまだヤングということでしょうか(笑)


2017年3月13日 (月)

しんぶん赤旗日刊紙に掲載!(海老名の就学援助制度)

海老名市における、今年度途中からも含めた「就学援助制度」大幅改善(中学「入学準備金」の小6時1月支給/支給認定・支給を4月に/申請書を分かりやすくetc)&向上(「入学準備金」額の大幅引き上げ/認定される所得対象の拡大etc)に関して、今度はしんぶん赤旗「日刊紙」(3/13付中面)に、特集記事として大きく掲載されました。

深刻化し近年ようやく社会的にクローズアップされ始めた、子どもの貧困対策の有効な対応策のひとつとして、今年度あたりから全国の先進的な自治体では、この様な改善や向上が図られ始めています。
が、ここまで全面的&大幅な対応を取る自治体はまだ全国でもめずらしいらしく、今回の記事は、海老名市だけが具体的事例として詳しく取り上げられました。

ちなみに、今週木曜日午後(14時半ごろ?登壇)の「市政に関する一般質問」(http://ebina.gijiroku.com/index.asp)でも、制度の今後の方向性に関して取り上げますが、海老名市に住む小1・中1の新入生は全員、学校教育で必要とされる学用品の保護者負担がかからない様になっています。
この点も海老名市の非常に進んだ点であり、何とか今後も維持させたいと思っています。

子どもの医療費も、義務教育が終わるまでは子どもの健やかな成長と子育て世代の支援をしようと、中学3年生までかからない様になっています。
子育てするなら、ぜひわが市へどうぞ^^

(24422)

2017年3月 2日 (木)

3月予算議会<市政に関する一般質問>のお知らせ

3月15・16日の2日間で行われます。

今回は市議団2名とも、16(木)の午後が出番です。
それぞれの登壇見込み時間(予想)は以下の通りです。

議会傍聴(市役所6階)やネット中継視聴をお待ちしています。
ネット中継 →http://ebina.gijiroku.com/index.asp

2時15分前後より(早ければ)
佐々木弘市議
(1)義務教育の無償化について
(2)小中一貫教育および学校統廃合について

3時15分前後より(早ければ)
松本正幸市議
(1)生活保護行政について
(2)「公共施設再編(適正化)計画」について

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »