2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「議会」の151件の記事

2019年3月27日 (水)

本日、3月予算議会最終日

本日、3月予算議会最終日を迎える。
他の自治体はほとんど閉会していて、ずいぶん長いね、と他の自治体の議員から言われるが、海老名市議会は今日まで。

たまたま国会では、本日参院で来年度国家予算が成立したとのことですが、地方議会も同様、3月議会は「予算議会」とも言われ、他の定例会以上に、行政運営の全体を包括的に議論できる定例会です。
この間、市にたいして問題提起や要求して、「いたしません」と答弁されていたことも含め、今回の予算案にきちんと入っているのは、市民の代表としてうれしいものです(※詳細はまた後日報告します)。

今日最終日の議案に対する議員団としての討論は、来年度予算案に対する反対討論を含めて、議会内の会派では最多の4本、行いました。
このところいろいろ立て込んでいて準備が大変で、昨夜は深夜までかかりましたが^^;

終わった後は、議会改革特別委員会。
昨日の作業部会での議論も受けて、討議。
私の方からは、一般質問を現行の2日間から3日間にすることについて、提起して議論。
他には、議会内の会派制度のあり方についても討議。

その後、明日開催される、高座施設組合議会に臨むにあたって、”調査なくして発言なし”ということで、当局へのヒアリング調査。
こちらも来年度1年間の事業を定める予算を決める大事な議会なので、引き続きがんばります。

2019年3月14日 (木)

明日、というか本日は市政に関する一般質問

明日の一般質問準備、アンチョコ作成、ようやくほぼ?終了。
できれば項目は2点にしてじっくり挑みたいけれども、一般質問は年4回しか機会がないので頑張るしかない。

明日は9時半過ぎから出番の見込み。
もう寝なくては。。。

**********************************************************
私は、以下の点を取り上げます。

1.市立図書館のあり方について
○指定管理による運営の問題点について
○現在および今後の図書館サービスのあり方について

2.学校給食の今後のあり方について
○今後の学校給食のあり方の見直しの経緯と目的について
○今後の検討の進め方と方向性について

3.今後の下水道および水道事業について
○公営水道民営化および広域化問題に対する市の認識

同会派の松本正幸市議は、午後1時半以降の登壇の見込み

1.「家庭系ごみ有料化」について
○「家庭系ごみ有料化」を中止すべき
〇「家庭系ごみ有料化に反対する署名」の受け止め

2.「交通移動支援と公共交通」のあり方について
○南部地域交通弱者支援“のりあいワゴン”実証運行の市の考え
○相模線「社家駅」バリアフリー化の現状と計画
〇高齢者バス割引乗車券の購入助成について
〇高齢者免許返上に対する支援策

2019年3月 1日 (金)

一般質問は14(木)に。項目決まりました。

本日、議長あてに質問通告を提出。
市議団2名とも、14(木)に行うことが決まりました。

私は、以下の点を取り上げます。
予想開始時間は、早くて9時半ごろになる見込みです。

1.市立図書館のあり方について
○指定管理による運営の問題点について伺う
○現在および今後の図書館サービスのあり方について伺う

2.学校給食の今後のあり方について
○今後の学校給食のあり方の見直しの経緯と目的について伺う
○今後の検討の進め方と方向性について伺う

3.今後の水道事業について
○公営水道民営化および広域化問題に対する市の認識を伺う

松本正幸市議:午後より

1.「家庭系ごみ有料化」について
○「家庭系ごみ有料化」を中止すべき
〇「家庭系ごみ有料化に反対する署名」の受け止め

2.「交通移動支援と公共交通」のあり方について
○南部地域交通弱者支援“のりあいワゴン”実証運行の市の考え
○相模線「社家駅」バリアフリー化の現状と計画
〇高齢者バス割引乗車券の購入助成について
〇高齢者免許返上に対する支援策

2019年2月27日 (水)

地域まわりで有意義なお話しできました

本日も、地元地域の挨拶まわりと、「しんぶん赤旗」のおススメに歩く。

子育て世帯の多い地域にまわったので、学校への要望や、中学校給食への期待などリアルなお話しや要望を聞けました。また、私たち議会や議員に対しての期待も感じられました。

さっそく、月曜日に開会した来年2019年度1年間の市予算を決める3月議会での論戦に生かしていきたいと思います。
特に市の予算案を審議し、議決する常任委員会では、どれだけ諸課題のリアルな実態や市民皆さんの生の声を把握しているかが、市当局との議論を行う上で大事です。
教育や子育て支援、福祉を所管する文教社会常任委員会に所属しているので、今日聞けたお話しはとても有意義でした。ありがとうございました。

2019年2月26日 (火)

3/1 海老名市来年度予算案の代表質疑内容

3/1の朝9時からの「海老名市来年度予算案」に対する会派代表質疑、以下6点の内容で行う、と議長あてに通告しました。

***********************************************************
1.家庭系ごみの有料化について
・有料化は中止すべき
  
2.国民健康保険税について
・高すぎる国保税の引き下げを図るべきと考えるが認識を伺う

3.指定管理者のあり方について
・指定管理者制度の検証をどのように進めていくのか  
                                            
4.公共施設のあり方について
・再編計画の今後について
・施設使用料・大規模駐車場有料化について 
                                      
5.住宅リフォーム助成について
・「魅力ある住宅づくり支援事業」の事業目的、および実施時期、規模など事業の詳細を伺う

6.交通弱者に対する移動支援について
・「のりあいワゴン」による実証運行の実施について

2018年12月18日 (火)

本日は「高座施設組合議会」

本日は、「一部事務組合」議員として「高座施設組合議会」(海老名市本郷)に出席。

来年4月からの新焼却施設の稼働にあわせて、従来あった施設運営に関する条例を補強&統合するために新たに制定したい、とされる条例案などが議案。

同議案に対して、①事業系ごみの持ち込みに対する指導・受け入れ拒否について②災害発生時の受け入れのルール・体制について、質疑をしました。
他にもう一人の議員も質疑。

なかなか市内南部は来ないこともあり、帰路、以前新規開拓してラーメンがうまかった「ラーメンショップ大和」に寄り、遅い昼食でつけ麺をいただきました。あまり食べない、細麺のつけ麺でした。

2018年12月12日 (水)

本日、一般質問終了。いい方向性を引き出せました

本日、市議団2名とも一般質問の出番でした。

今回の一般質問では、この間、各方面にしつこいな(笑)と思われながらも取り上げ続けてきた要望や指摘に対し、ほとんど予想外だった点も含め、それぞれいい答弁が出ました。議員冥利につきます。
皆さんにいい報告ができます。

1.国民健康保険について
●高すぎる「国保税」の引き下げを求める

⇒内野市長自ら答弁し、「来年度の国保税は据え置き(引き下げはしないが、引き上げもしない)にする」と明言。
“海老名市が来年度神奈川県に納付しなくてはならない金額も1月以降にならないと連絡こないし、今の時点では何とも言えね”という答弁を想定して準備していたので、少し驚き。
次回の3月議会では、値下げを求めて再度取り上げます。

2.学校教育について
●学校教育における体制・環境のさらなる充実を求める

⇒相談や情報提供を受けて取り上げた「学校訪問相談員」と「学校安全監視員」の運営の課題について指摘し、対応を求めました。
それぞれの事業内容の意義も教育部と再確認できたし、具体的な改善方向も答弁で出ました。
関係者の皆さんにいい報告ができます。

●今後の中学校給食のあり方について

⇒現在、選択制の業者弁当デリバリー方式で行われている中学校給食を、全ての生徒が食べる給食にする様、求めました。
議員になってから適宜、特にここ数年、神奈川県内(実施率が全国最低)で関心が高まってきてからは特に頻繁に議会で取り上げてきました。
すでに前回の実施から10年が過ぎた、「学校給食に関するアンケート・実態調査」と給食のあり方を考える「検討委員会」の設置を、早急に行うべき、と言い続けてきました。
直近では、先の9月決算議会で取り上げましたが、その時は”いたしません(大門未知子風)”と頑なな答弁でしたが、今回は、今後それらを行う、という答弁となりました。
伊藤教育長も答弁で「全ての生徒が食べる中学校給食の教育的意義・効果を十分認識している」と明言されたので、今後の方向性は十分期待できます。
こちらも引き続き取り上げていきます。

3.「住宅リフォーム助成」の今後について
●助成の来年度以降の継続実施を求める

⇒こちらも、「来年度、引き続き実施する。来年度の予算編成で入れさせている」と市長が答弁で明言しました。
先月11月に、助成金額を従来の8万円から10万円に引き上げたうえで一時再開されましたが、市民に大人気で、受付初日で〆切となってしまった(キャンセル待ちの人も出た)ので、リフォームをしたい市民や市内リフォーム関係業者の皆さんに朗報です。


【松本正幸市議】は、以下の点を取り上げました。

1.ごみ施策について
●家庭系ごみ有料化の問題点について

2.市立図書館について
●図書館の運営のあり方について

3.子どもと保護者への経済的支援について
●「スクールライフサポート事業」について
●保護者負担軽減策の評価と今後について

(27275)

2018年11月29日 (木)

12月議会一般質問、日時・内容決まりました

本日より、12月定例会がスタート。
また、一般質問の通告〆切の日。以下の通り、確定しました。


【佐々木弘市議】 ⇒12/12(木) (早ければ)9時半以降


1.国民健康保険について
●高すぎる「国保税」の引き下げを求める

2.学校教育について
●学校教育における体制・環境のさらなる充実を求める
●今後の中学校給食のあり方について

3.「住宅リフォーム助成」の今後について
●助成の来年度以降の継続実施を求める


【松本正幸市議】 ⇒12/12(木) (早ければ)13時以降

1.ごみ施策について
●家庭系ごみ有料化の問題点について

2.市立図書館について
●図書館の運営のあり方について

3.子どもと保護者への経済的支援について
●「スクールライフサポート事業」について
●保護者負担軽減策の評価と今後について

2018年11月 2日 (金)

群馬へ

今日は、加入している福祉団体の日帰りバスツアーで、群馬方面に。

伊香保や榛名山の方へ。学生時代、一度合宿で行っただけで、あまり覚えていないが、快晴、かつちょうど紅葉がベストの時期でした。
途中で寄った「ガトーフェスタハラダ」の工場見学も、甘党としてはヒット。昼食は名物「水沢うどん」で、「水沢観音」にも初めて寄りました。

バス車内では、家庭ごみ有料化問題を知らせるとともに、この間取り上げてきて、実施されることになった「住宅リフォーム助成制度」の復活や、「民家のブロック塀除去に対する助成制度」の創設についても紹介。
特にブロック塀の方は、いろんなところでお話しすると皆さん関心持たれるので、ニーズにあった事業だな、と改めて認識。

それ以外にも、一日多くの人といるので、地域や市政に関して、今後の議会・地域活動につながるいろいろな声を聞けて有意義でした。

2018年10月23日 (火)

海老名市として、来年度からの「市立図書館・門沢橋コミュニティセンター」指定管理者の候補者を決定

http://www.city.ebina.kanagawa.jp/shisei/zaisei/shiteikanri/1007352.html

海老名市として、来年度からの次期指定管理者の候補者を決定しました。

次回の市議会12月定例会で、市より議案として上程される予定です。
議案上程されれば、議会として審議をします。

27133

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー